鋼管端面加工機

001a  003b

 切削油を使用せず、圧空冷却による冷却切削機です。I開先用,U開先用、各バイトホルダーを用いて、パラメーターをオペレーターが入力することで、加工寸法を任意に設定・変更することが出来ます。内径の検出は、タッチプローブセンサーを用いた内径中心検出機構にて自動測定を行い、自動で切削加工を行うことが出来ます。また、鋼管の固定は、適用管にマッチしたクランプ治具をオペレーターが交換することにより、エアシリンダーを使用し、自動でクランプやアンクランプを実現しています。

主な仕様

 1.適用鋼管         φ14~φ20、φ20~φ30、φ30~φ50 3種類

 2.昇降スピード       5mm/sec ~ 75mm/sec

 3.走行スピード       5mm/sec ~ 75mm/sec

 4.前後送りスピード  

  (1) 送りスピード       5mm/sec ~ 75mm/sec(非切削時)

  (2) 切削送りスピード  0.01mm/sec ~ 0.1mm/sec(切削時)

 5.切削用インバーター    29rpm(6Hz)~ 290rpm(60Hz)

001d 001c 001b 001e
パイプ先端の確認用センサー センター及び内外径センサー パイプ外径測定 パイプ端面切削中

 

001f 001g 001h
加工後の端面 開先切削中 端面・開先切削後
005c 005f 005g 005j
パイプ内径の検査 パイプ外径の検査(1) パイプの外径検査(2) 開先の長さ計測センサー

動画(加工開始から寸法計測まで)

 

Pocket
[`evernote` not found]

Top