可搬型超音波式半自動型溶出・溶解装置

 本装置は、超音波バスと撹拌装置とを組み合わせた、各種試料の溶出・溶解を半自動で運転できる装置です。装置は可搬型アルミ製のボックスに収納されていますので、必要な場所に簡単に運搬でき、電源を接続するだけで、半自動運転ができます。 

可搬型半自動前処理キット改 KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA
溶解装置収納ケースとコントローラー 溶解装置本体とコントローラー

主な仕様 

1.超音波バス

 (1) 発振周波数      ・・・・・・ 38KHz 

 (2) 高周波出力      ・・・・・・ 60W

 (3) ヒーター容量     ・・・・・・ 50W

  (イ) 温度設定範囲      ・・・・・・ 常温 ~ 50℃

 (4) 運転時間の設定  

  (イ) 半自動で使用する場合 ・・・・・ 制御装置のタイマーで設定できます

     ・タイマー設定時間   ・・・・・  最大:999秒

  (ロ) 手動で使用する場合  ・・・・・  超音波バスの前面パネルで設定できます

     ・タイマー設定時間  ・・・・・ 最大:60分

 (5) 電源           ・・・・・ AC100V 50/60Hz

3.撹拌装置

 (1) 回転数         ・・・・・ 0 ~ 350 rpm (ボリュームで調整可能)

    (注) 特注でご要望の回転数に変更できます

 (2) 撹拌翼材質       ・・・・・ 耐食性に優れた「 PEEK 」です

4.使用対象分野

 (1) 土壌に含まれる金属成分の溶出や抽出に最適です

 (2) 各種粉体の溶解・溶出及び抽出に適しています

Pocket
[`evernote` not found]

Top