中和価自動分析システム

中和価本体

本分析システムは、石油製品及び潤滑油の中和価(全酸価値、全塩基価)の測定を、自動電位差滴定装置とロボットシステムを組合わせた構造で、サンプルの秤量、溶剤分注、撹拌、滴定、測定結果の出力及び測定後の電極洗浄・復極等を全自動で分析するシステムです。

滴定装置5台 サンプルテーブルとハンドリングロボット 天秤・サンプルテーブル・滴定装置
自動電位差滴定装置群と分注器 容器群のテーブルとロボット ハンドリングロボットと天秤

概略仕様

1.システム構成

 (1) ロボット本体(3次元作動型)

 (2) サンプル・ビーカーラック及びチップラック・・・50個同時セット

 (3) 電子天秤

 (4) 滴定コントローラー及び電極ユニット

 (5) 測定槽及び洗浄槽

 (6) 自動ビューレット

 (7) 制御装置及びマンマシン(パソコン)

2.分析法

 (1) JIS K 2501 に準拠した電位差滴定法

3.特徴

 (1) 粘度測定前のサンプル(22~198 mm2/s)を、粘度の状態を自動で検出しながら、0.1±0.01~  20±2.0 g と高精度でサンプルリングできるシステムです。

 (2) 室温等で、時々刻々と変化する粘度を気にすることなく、高精度で計量できます。

 (3) 設置環境にオイルや洗浄液等の悪臭を出さぬよう、装置全体をカバーし、排気設備に接続できる構造となっています。

Pocket
[`evernote` not found]

Top