ターンミラー

IMGP0306a IMGP0307a

 本装置は、指定されたパイプ材を半自動にて切削する加工機です。切削するに当たり、あらかじめ「レシピ」作成しておきます。

 切削対象パイプ材をセンタリング装置に載せ、センターリングを実行させた状態を想定して座標を決めていきます。このように切削工程(ステップ)ごとに作図し、それぞれの動作時のオフセット軸、アングルヘッド軸、X軸、Y軸、θ軸の座標を求め、このレシピを基にしてターンミラーは動作します。

主な仕様

 1.鋼管内径    φ300mm(Min) ~  1,500mm (Max)

 2.肉厚         10mm(Min) ~   130mm(Max)

 3.長さ        1,000mm(Min) ~  12,500mm(Max)

 4.本体装置

  (1) ミーリングヘッド(カッター回転、B軸アングルヘッド、オフセット軸)

  (2) ミーリングマシン本体(主軸移動、未リングヘッド移動、主軸旋回)

  (3) センタリング装置(固定側ラム昇降軸、移動側ラム昇降軸、可搬吊上移動式受台)

IMGP0071a IMGP0066a IMGP0300a
ターンミラー装置全景 センターリング調整状況 端面加工状況

動画(ターンミラー切削加工)

Pocket
[`evernote` not found]

Top