もぐりんこ マックス

マックスラベル

 φ800~φ2,000 管対応リモートコントロールタイプ

 独立高トルクエンジン4WD(DC24Vモーター採用)

 ズーム付カメラ(光学:35倍)駆動範囲(PAN:約340°、TILT:約345°)

 

 

DSCF2959-cut  マックス基本仕様書バッテリBOX無 
 マックス(φ800~φ2,000) マックス(本体とコントローラー)
未使用取説004
マックス(パソコン仕様コントローラー)

特徴

1.圧倒的な低価格

 進化し続ける「もぐりんこ」。シンプルな構造、簡単なオペレーションが開発コンセプト。斬新なアイデアで圧倒的な低価格を実現。コンパクト構成で可搬性、操作性に優れ、検査コストの大幅削減を実現。

2.可搬性(コンパクト)緊急性に優れる

 本体、ケーブルドラム、コントローラー、電源部に分割されており、可搬性に優れ、緊急時の出動にも威力を発揮します。

3.電源はACを採用

 電源は、発電機や家庭用等のAC 100V電源を使用します。オプションでバッテリータイプも準備しています。

4.簡単操作と的確なレポート

 屋外仕様タッチパネル式高輝度モニターノートパソコンを使用して、本体の走行をコントロール(走行・照明・カメラ・録音等)ができます。過酷な現場状況でのオペレーション中でもモニターで映像を確認しながら音声によるリアルタイプなレポートができ、記録された映像・おんせいをもとに的確な報告書作成が可能。

5.鮮明な映像と広域撮影

 ズーム付カメラ(光学:35倍)駆動範囲(PAN:約340°、TILT:約345°)で、管内等をくまなく、動画や静止画撮影をSDカードに記録します。

6.32段階調光のリング照明

 四角形の周りに配置されたLED照明の中心部に配置されており、管内をくまなく照らします。手元のコントローラーのスイッチで、32段階の調光が可能であり、水流・管内壁材質によるハレーションを押さえ、鮮明な撮影ができます。

7.カメラの位置調整

カメラの高さは、対象物(検査対象の管サイズ等)のサイズによって、手動にて変更できます。(地上高さ520mm~700mm)

8.優れた機動力と操作性能

 独立高トルクエンジン(4WD)を搭載(前進2速、後退2速、高速走行速度18m/分)で、スキッドステアリング方式を採用、その場旋回(超信地旋回)、左右残後旋回、管内・平地が可能。ダート(砂、ガレキ、段差)及びぬかるんだ泥土の中でも優れた機動力を発揮します。さらに、クローラー、チェーン、ベルト等を使用していないので、土砂、枝、ゴミ等がからまり、走行不能に陥ることはありません。

9.防水構造により、水中、流水中での走行が可能

 防水構造と強力なトルクで、静水中・流水中での走行が可能です。

10.軽量、強化ケーブル採用

 使用目的に合わせて、100mと300mの2つのタイプのケーブルを用意しました。計量かつ、高強度ケーブルを使用しているので、車体が走行不能になった時は、引き戻すことが出来ます。車体の位置は、ケーブル測長機能で確認できます。又、ケーブルドラムはキャリアカートに固定され、場所を取らず持ち運びが容易です。

11.維持、管理、メンテナンスが容易

 通常はAC電源を使用しますので、電源を接続するだけ、使用後は、防水構造ですので、丸ごと水洗いが出来、車体などのふたの開閉等は一切不要です。

12.報告書の作成も簡単

 SDカードに記録された現場の状況映像と音声レポートを元に、密度の高い報告書が簡単に作成できます。

動画の例 

もぐりんこマックス パイプ点検状況

Pocket
[`evernote` not found]

Top